学術論文

  1. 稲葉通将,高橋健一: 非タスク指向型対話システムのためのリカレントニューラルネットワークを用いた発話候補ランキング. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J100-D, No.6, pp.661-671, 2017.
  2. 鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,松原仁: ゲームプログラミング大会を用いた集合知的ゲームAI開発手法 −人狼知能大会の開催と参加エージェントの分析−.デジタルゲーム学会論文誌, Vol.9 No.1, 2017.
  3. 稲葉通将,大畠 菜央実,鳥海不二夫,高橋健一: 雑談ばかりしていると殺される?人狼ゲームにおける発話行為タグセットの提案とプレイヤの行動・勝敗の分析.情報処理学会論文誌, Vol.57, No.11, pp.2392-2402, 2016. 【情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文
  4. 稲葉通将,吉野友香,高橋健一: 対話システムが話し手役になるためのオープンドメイン独話生成.人工知能学会論文誌, Vol.31, No.1, pp.1-9, 2016.
  5. 伊藤崇,高橋健一,稲葉通将: 自律エージェントのための遺伝的プログラミングの拡張. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J98-D, No.6, pp.905-915, 2015.
  6. Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi, and Kenji Mase: Statistical response method and learning data acquisition using gamified crowdsourcing for a non-task-oriented dialogue agent. Agents and Artificial Intelligence, pp.119-136, Springer, 2015.
  7. 稲葉通将,神園彩香,高橋健一: Twitterを用いた非タスク指向型対話システムのための発話候補文獲得.人工知能学会論文誌, Vol.29, No.1, pp.21-31, 2014.
  8. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 非タスク指向型対話エージェントのための統計的応答手法. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J95-D, No.6, pp.1390-1400, 2012.
  9. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた非タスク指向型対話エージェントの評価. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J94-D, No.1, pp.48-58, 2011.
  10. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた対話における盛り上がりの自動判定. 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J94-D, No.1, pp.59-67, 2011.

国際会議

  • Noritsugu Nakamura, Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi, Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Daisuke Katagami, Kosuke Shinoda: Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives. 2016 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI2016), 2016.
  • Kotaro Funakoshi, Ryuichiro Higashinaka, Michimasa Inaba, Yuka Kobayashi, Saku Sugawara, Katsuya Takanashi, Hiroko Otsuka, Hanae Koiso, Mayumi Bono: On Dialogue Breakdown: Annotation and Detection - dialogue breakdown detection challenge. Second Workshop on Chatbots and Conversational Agent Technologies (WOCHAT), 2016.
  • Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi: Neural Utterance Ranking Model for Conversational Dialogue Systems. The 17th Annual SIGdial Meeting on Discourse and Dialogue (SIGDIAL 2016), pp.393-403, 2016.
  • Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi: Backchanneling via Twitter Data for Conversational Dialogue Systems. The 18th International Conference on Speech and Computer (SPECOM-2016), pp.148-155, 2016.
  • Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Michimasa Inaba, Daisuke Katagami, Kosuke Shinoda, and Hitoshi Matsubara: AI Wolf Contest -Development of Game AI using Collective Intelligence-. Computer Games Workshop at IJCAI 2016, 2016.
  • Yuya Hirata, Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi, Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Daisuke Katagami, Kosuke Shinoda: Werewolf Game Modeling using Action Probabilities based on Play Log Analysis. The 9th conference on Computer and Games (CG2016), 2016.
  • Michimasa Inaba, Kana Otsuka, Kenichi Takahashi: Experimental Investigation for a Human Relationship Formation Support Agent Using Information Presentation During Conversation. 8th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2016), pp.87-94, 2016.
  • Ryuichiro Higashinaka, Kotaro Funakoshi, Yuka Kobayashi, Michimasa Inaba: The dialogue breakdown detection challenge: Task description, datasets, and evaluation metrics. Proceedings of the Tenth International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2016), pp.3146-3150, 2016.
  • Takashi Ito, Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Extension of Genetic Programming with Multiple Trees for Agent Learning. JOURNAL OF COMPUTER, vol.11, no.4, pp.329-340, International Academy Publishing, 2015.
  • Kenta Nimoto, Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Improvement of Agent Learning for a Card Game based on Multi-channel ART Networks. JOURNAL OF COMPUTER, vol.11, no.4, pp.341-352, International Academy Publishing, 2015.
  • Makoto Koshinda, Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi: Machine-Learned Ranking Based Non-Task-Oriented Dialogue Agent Using Twitter Data. 2015 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology (WI-IAT), Vol.3, pp.5-8, 2015.
  • Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Experiments on the E-learning Interface with Data Glove. Procceedings of 2014 The 4th International Workshop on Computer Science and Engineering-Winter (WCSE2014), pp.107-115, 2014.
  • Daisuke Katagami, Shono Takaku, Michimasa Inaba, Hirotaka Osawa, Kosuke Shinoda, Junji Nishino and Fujio Toriumi: Investigation of the Effects of Nonverbal Information on Werewolf. 2014 IEEE International Conference on Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE2014), 2014.
  • Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi, Kenji Mase: Constructing a Non-task-oriented Dialogue Agent using Statistical Response Method and Gamification. 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2014), 2014. (Full Paper, Acceptance Rate 15%)
  • Takashi Ito, Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Experiments Assessing Learning of Agent Behavior using Genetic Programming with Multiple Trees. 7th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2014), 2014. (Short Paper, Acceptance Rate 37%)
  • Masakazu Takeue, Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Effects of Images Displayed for Praising or Scolding on Motivation in E-learning. 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2013), 2013.
  • Masakazu Takeue, Kazutoshi Shimada, Kenichi Takahashi, Michimasa Inaba: Experiments of Displaying Images to Keep the Motivation in E-learning. 2012 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2012), 2012.
  • Michimasa Inaba, Fujio Toriumi, Kenichiro Ishii: Automatic Detection of “Enthusiasm” in Non-task-oriented Dialogues Using Word Co-occurrence. IEEE Workshop on Affective Computational Intelligence (WACI), 2011.

国内学会

  • 縄手優矢, 稲葉通将, 高谷智哉, 山田整, 高橋健一: 雑談対話ログを用いた話者の潜在的興味対象の推定. 第31回人工知能学会全国大会, 2017.
  • 伊藤崇,高橋健一,稲葉通将: 複数木構造を持つGP のための木の数の自動決定. 情報処理学会第79回全国大会, pp.2-55-2-56, 2017.
  • 東中竜一郎,船越孝太郎,稲葉通将,荒瀬由紀,角森 唯子 : 対話破綻検出チャレンジ2. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B505, pp.64-69, 2016.
  • 稲葉通将,高橋健一: RNNエンコーダによる文脈を考慮した対話破綻検出. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B505, pp.98-101, 2016.
  • 梶原健吾,鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,松原仁,狩野芳伸: 人狼知能大会における統計分析とSVMを用いた人狼推定を行うエージェントの設計. 第30回人工知能学会全国大会, 2016.
  • 稲葉通将,高橋健一: LSTMエンコーダを用いた統計的発話選択. 第30回人工知能学会全国大会, 2016.
  • 稲葉通将,高橋健一: Bidirectional LSTM-RNNを用いた対話破綻検出のエラー分析. 言語処理学会第22回年次大会, 2016.
  • 篠田孝祐,片上大輔,稲葉 通将,鳥海不二夫,大澤 博隆,松原仁: 人狼知能プロジェクト2015. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B502, pp.80-85, 2015.
  • 稲葉通将,高橋健一: Long Short-Term Memory Recurrent Neural Networkを用いた対話破綻検出. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B502, pp.57-60, 2015.
  • 東中竜一郎,船越孝太郎,小林優佳,稲葉通将: 対話破綻検出チャレンジ. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B502, pp.27-32, 2015.
  • 稲葉通将,高橋健一: 非タスク指向型対話エージェントのためのRecurrent Neural Networkを用いた相づち生成. Joint Agent Workshops and Symposium 2015 (JAWS2015), 2015.
  • 新羅慧,片上大輔,鳥海不二夫,大澤博隆,稲葉通将,篠田考祐: 人狼対戦システムにおける視線の動作設計について. Joint Agent Workshops and Symposium 2015 (JAWS2015), 2015.
  • 中村洋文,片上大輔,鳥海不二夫,大澤博隆,稲葉通将,篠田孝祐: 人狼BBSのログデータを用いたAIの自然な議論空間の構築. Joint Agent Workshops and Symposium 2015 (JAWS2015), 2015.
  • 稲葉通将,高橋健一: Twitterからユーザの応答を学習する対話システム. Entertainment Computing 2015 (EC2015), 2015.
  • 栢野航,工藤佑介,大澤博隆,片上大輔,鳥海不二夫,稲葉通将,篠田孝祐: 人狼を演じるロボットエージェント観戦による社会的知能の学習. HAIシンポジウム2015, 2015.
  • 稲葉通将,高橋健一: 対話エージェントが話し手役になるためのオープンドメイン独話生成 . 第29回人工知能学会全国大会, 2015.
  • 小新田 亮人,稲葉通将,高橋健一: Twitterから獲得した発話を用いる対話エージェントの構築. 第29回人工知能学会全国大会, 2015.
  • 梶原健吾,鳥海不二夫,稲葉通将: 人狼における強化学習を用いたエージェントの設計. 第29回人工知能学会全国大会, 2015.
  • 平田佑也,稲葉通将,高橋健一,鳥海不二夫,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐: プレイログから獲得した行動選択確率を用いた人狼ゲームのシミュレーション. 第29回人工知能学会全国大会, 2015.
  • 稲葉通将,高橋健一: ソーシャルメディアにおける対話エージェントとユーザのコミュニケーション分析. 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-B402, pp.25-30, 2014.
  • 大澤博隆,鳥海不二夫,稲葉通将,片上大輔,梶原健吾,篠田孝祐: 人狼知能達成におけるエージェントの推論モデル. ゲームプログラミングワークショップ2014 (GPW2014), 2014.
  • 片上大輔,小林優,大澤博隆,稲葉通将,篠田孝祐,鳥海不二夫: 擬人化エージェントを用いた人狼対戦システムの開発. ゲームプログラミングワークショップ2014 (GPW2014), 2014.
  • 鳥海不二夫,梶原健吾,大澤博隆,稲葉通将,片上大輔,篠田孝祐: 人狼知能サーバの構築. ゲームプログラミングワークショップ2014 (GPW2014), 2014.
  • 稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,鳥海不二夫: 議論の構造に着目した人狼ゲームの分析. ゲームプログラミングワークショップ2014 (GPW2014), 2014.
  • 平田佑也,稲葉通将,高橋健一,鳥海不二夫,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐: 人狼ゲームにおける役職Coming-Out情報の自動取得. Joint Agent Workshops and Symposium 2014 (JAWS2014), 2014.
  • 稲葉通将,高橋健一: Twitterから学習する対話エージェントの設計. Joint Agent Workshops and Symposium 2014 (JAWS2014), 2014.
  • 伊藤崇,高橋健一,稲葉通将: 自律エージェントに特化した遺伝的プログラミングの拡張. Joint Agent Workshops and Symposium 2014 (JAWS2014), 2014.
  • 鳥海不二夫,稲葉 通将,大澤 博隆,片上大輔,篠田孝祐: 人狼における学習. 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), 2014.
  • 稲葉 通将,鳥海不二夫,大澤 博隆,片上大輔,篠田孝祐: 人狼ゲームにおける役職の強さの定量化. 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), 2014.
  • 大澤 博隆,鳥海不二夫,片上大輔,篠田孝祐,稲葉 通将: 人狼ゲームのプロトコル設計:推理と説得のプロトコル. 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), 2014.
  • 篠田孝祐,鳥海不二夫,稲葉 通将,大澤 博隆,片上大輔: 人工知能標準問題として人狼ゲームの提案. 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), 2014.
  • 稲葉 通将,鳥海不二夫,大澤 博隆,片上大輔,篠田孝祐,西野 順二: 同調と反駁に着目した人狼ゲームの分析. 第28回人工知能学会全国大会, 1E4-OS-23a-1, 2014.
  • 篠田孝祐,鳥海不二夫,片上大輔,大澤 博隆,稲葉 通将: 汎用人工知能の標準問題としての人狼ゲーム. 第28回人工知能学会全国大会, 2C4-OS-22a-3, 2014.
  • 竹植正和,高橋健一,稲葉通将: 学習の休憩時間におけるゲームの効用に関する基礎実験. 情報処理学会研究報告 Vol.2014-CE-124,No.17, 2014
  • 高久奨乃,稲葉通将,大澤博隆,篠田孝祐,西野順二,鳥海不二夫,片上大輔: 人狼ゲームにおいてノンバーバル情報が与える影響について. 日本知能情報学会ファジィ学会人間共生システム研究部会(HSS 研究部会)第2回人間共生システムデザインコンテスト, 2013
  • 梶原健吾,鳥海不二夫,大橋弘忠,大澤博隆,片上大輔,稲葉通将,篠田孝祐,西野順二: 強化学習を用いた人狼における最適戦略の抽出. 情報処理学会第76回全国大会, 2013
  • 鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,西野順二: 人工知能は人狼の夢を見るか?〜人狼知能プロジェクト〜. 日本デジタルゲーム学会 2013年度年次大会, 2013
  • 稲葉通将,大畠 菜央実,鳥海不二夫,高橋健一: 雑談ばかりしてると殺される -人狼BBSにおけるプレイヤーの発言傾向と意思決定・勝敗の分析-. Joint Agent Workshops and Symposium 2013 (JAWS2013), 2013
  • 稲葉通将,神園彩香,高橋健一: Twitterを用いた非タスク指向型対話システムの発話生成. 第27回人工知能学会全国大会, 1K4-OS-17b-3, 2013.
  • 岩田直之,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,稲葉通将,間瀬健二: ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得. HCGシンポジウム2012, II-1-3, 2012.
  • 稲葉通将,鳥海不二夫,高橋健一: 人狼ゲームデータの統計的分析. ゲームプログラミングワークショップ2012論文集, 2012(6), pp.144-147, 2012.
  • 稲葉通将,平井尚樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 統計的応答手法と話題別学習を用いた非タスク指向型対話エージェント. 第26回人工知能学会全国大会, 3O2-OS-3b-9, 2012.
  • 稲葉通将,平井尚樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 統計的発話選択による非タスク指向型対話エージェントの設計. Human-Agent Interaction Symposium 2011 (HAI-2011), 2011.
  • 稲葉通将,平井尚樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 非タスク指向型対話エージェントのためのランキング学習を用いた統計的応答手法. 人工知能学会研究資料, SIG-SLUD-B102, 2011.
  • 村本加奈子, 稲葉通将,平井尚樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話エージェントのため感想応答文の選択. Joint Agent Workshops and Symposium 2011 (JAWS2011), 2011.
  • 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話からの話者のプロフィール情報自動獲得. 第25回人工知能学会全国大会, 3C2-OS19-6, 2011.
  • 岩田直之, 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話エージェントのための発話候補絞り込み. 第25回人工知能学会全国大会, 3C2-OS19-5, 2011.
  • 平井尚樹,稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話エージェントのための文脈を考慮した統計的発話選択. Joint Agent Workshops and Symposium 2010 (JAWS2010), 2010
  • 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 非タスク指向型対話における盛り上がり箇所の抽出. 第24回人工知能学会全国大会, 2C4-4, 2010.
  • 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた非タスク指向型対話エージェントの評価. 情報処理学会研究報告, Vol.2009-MPS-75, No.18, 2009
  • 稲葉通将,磯村直樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 意味ネットワークによる非タスク指向型対話システムの評価. 信学技報, vol.108, no.456, AI2008-69, pp.29-34, 2009

受賞

  • 2016年6月 稲葉通将:第30回人工知能学会全国大会 (JSAI2016), 全国大会優秀賞
  • 2014年9月 稲葉通将:第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), FANプレゼンテーション賞
  • 2014年9月 鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆, 片上大輔,篠田孝祐:第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2014), 優秀論文賞

講演

  • 2016年6月 クラウドネットワークロボット研究会 非タスク指向型対話システムの現状と展望
  • 2015年8月 CEDEC2015 人狼知能大会
  • 2014年9月 CEDEC2014 クロスボーダー「AI×言語解析」パネルディスカッション
  • 2014年9月 CEDEC2014 将棋の次は人狼か?
  • 2014年7月 第32回ゲーム情報学研究会 人狼人工知能プロジェクトの概要と展望

特許

  • 稲葉通将, 縄手優矢, 高谷智哉: 興味判定装置、興味判定方法、及びプログラム. 特願2017-091246, 2017年5月1日

外部資金

  • 2016年 科学研究費補助金 若手研究(A)(代表)「対話的アプローチによる価値観の獲得に関する研究」
  • 2015年 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(代表)「人狼ゲーム研究:他者中の自己モデルを考えた説得的人工知能の開発に向けて」
  • 2015年 科学技術融合振興財団「人工知能標準問題としての人狼ゲームの調査研究」
  • 2015年 実践AIチャレンジ研究助成「人狼知能研究プラットフォーム開発」
  • 2015年 中山隼雄科学技術文化財団助成研究費「人狼知能の開発」
  • 2014年 柏森情報科学振興財団研究助成(代表)「非タスク指向型対話エージェントのためのハイブリッド応答法の開発」
  • 2011年 堀科学芸術振興財団研究助成金(代表)「対話エージェントのための関連性理論に基づく統計的発話選択法」
  • 2011年 人工知能研究振興財団 人工知能研究助成(代表)「対話エージェントのための統計的発話選択法の開発」